ブライダルローン利用と在籍確認について

ブライダルローン利用と在籍確認について

結婚式にかかるお金を負担しきれないときに、ブライダルローンを利用して結婚式費用を用立てるという方法があります。

 

ブライダルローンといっても、結婚式にかかる費用の内容をみてみると、

 

新郎新婦の衣装、写真撮影、披露宴、引き出物、結婚指輪、新婚旅行、引越し費用など、さまざまものに対してお金がかかります。

 

この頃は、自分たちだけの結婚式を実行したいと、一からプランを練ってくる人もいるようです。

 

結婚式でどんなことをしたいかによって、挙式の費用は変わります。

 

挙式後に新しい生活を始める場合、家電品などを新しく買い揃えようとすると、どうしてもお金がかかってしまいます。

 

ブライダルローンを利用してお金を用意する人も増えているそうです。

 

結婚式の挙式費用や、新生活の資金にするためにお金を貯めていたという人であれは、ローンを使わずともまとまったお金が出せることでしょう。

 

自己資金だけでは足りない人は、親に援助してもらったり、ローンを組んでお金を用意する必要があります。

 

予想していたよりも結婚式や、新生活にお金がかかることがわかり、定期預金をしていたけれども足りなかったという人もいます。

 

ブライダルローンで費用を全て支払うか、一部をローンに頼るかは人それぞれです。

 

より借りやすいのは、普通のキャッシングとブライダルローン、どちらでしょうか。

 

新郎新婦のどちらもローン融資を受けておらず、低金利で小口の融資を利用したいという人は、ブライダルローンがおすすめの金融商品です。

 

ブライダルローンを使って貯金は生活資金として使わないようにしておく事もひとつの方法です。

 

冠婚葬祭が続いた時などにはキャッシング

 

冠婚葬祭が続くことになり、三菱東京UFJ銀行のキャッシング即日でお金を借りることになりました。こればかりは予測がつかないことだったり、

 

相手を責めるわけにもいかない出来事なので、お祝い事やお別れなどをしっかりとするためにも、手軽にお金が借りることができるのは良いことだと思います。

 

返済計画が必要なのは言うまでもありません。

 

今回のように、10万円という金額ならば、定収入と職場への在籍確認ができれば、必要最低限の手続きでキャッシング即日を利用することができます。

 

バンクイックというカードローンをネット経由で申し込んだのですが、手間がかかることはほとんどなく、審査も1時間は待たなかった気がします。

 

カードを最寄りの窓口で受け取ってからすぐに引き出すことができたので、とても便利でした。コンビニが利用ができるのが良いですね。私は車を運転できないので助かりました。

 

お金を借りることには抵抗があったのですが、親しみやすいCMや大手の銀行ということもあって安全な印象がしました。

 

細々と一人暮らしをしている身にとって急な出費は痛手ですが、お世話になった人たちにお礼ができたような気がして満足感はありました。

 

限度額までなら借りれるとのことで、キャッシング即日は何かあった時には使えるなと1つの生活ツールを手にした気分です。

 

銀行系キャッシングの総量規制

 

キャッシング会社の中で銀行系キャッシングとは、銀行が出資してつくった会社です。

 

キャッシングの融資を銀行が直接行うのが、銀行キャッシングです。

 

貸し主が銀行系の場合と、銀行の場合とがあるわけですが、両者の違いは何でしょうか。

 

審査の基準や金利などが、外から見ると類似しているようですが、かなり異なります。

 

銀行系の方が金利が高く、利用限度額が少ない代わりに審査結果がスピーディです。

 

銀行は低金利で大口の融資が可能ですが、審査のハードルが高く、審査にかかる時間も長いといわれています。

 

もうひとつの大きな差は、銀行系は総量規制の対象になり、銀行は総量規制の対象にならないという点です。

 

総量規制という法律は、融資を受けるのは年収の三分の一までという決まり事です。

 

銀行系の金融会社が貸し主となった場合、キャッシングの上限金額が自ずと定まってしまうということです。

 

貸金業者として登録されている金融会社は規制の対象となっています。

 

貸金業者としての登録をしなくても、銀行はキャッシング融資をすることが可能なのです。

 

年収の三分の一という制限を超えたキャッシングをしたい場合は、必然的に銀行の貸し主にしたキャッシングをすることになります。

 

大口の融資でなければ銀行系キャッシングが十分利用できますので、基本的にはこちらをメインに利用するといいでしょう。