住宅ローン組む前にシュミレーション

住宅ローン組む前にシュミレーション

 

住宅ローンのシュミレーションには、いくつか種類があり異なる面からローンを比較検討できるようになっています。

 

シュミレーションをする時の実例をいくつか見てみましょう。住宅ローンのシュミレーションと言われて真っ先に思いつくものは、

 

融資額を知るためのものです。夫婦共働きの場合、いくらまでの住宅ローンの借入ができるかはしっかり計算しておかなくてはなりません。

 

借り入れ総額の次は、住宅ローンの月々の返済額のシュミレーションと、返済プランの比較などが必要になってきます。シュミレーションをすることで、

 

毎月の返済負担と家計の余裕を確認することが、長期的に返済していくためには重要になります。

 

各金融機関が扱う住宅ローンによっては金利も返済プランも違いますので、個別にシュミレーションをして数字を確認しましょう。

 

毎月の金額や支払い総額を比較することで、自分の計画に適したローンがどれなのか見分けることができます。

 

住宅ローンを利用する際に必ず確認しておきたいのが、繰り上げ返済です。住宅ローンの返済はどうしても長いスパンになりがちですが、

 

途中、返済がしやすい時期な多めに返しておくことで、ローンの負担を軽くできるものです。シュミレーションで月々の返済金額を決めていく時には、

 

ライフステージに応じて返済しやすい時にまとめ返済をするようにします。ですが、繰上げ返済の有無によって返済額が変わってくるので、

 

年収だけでなく支出の予測も綿密に立てて、できる限り家計に負担の掛からない返済計画を立ててみましょう。繰上げ返済をしないことで

 

月々の返済に無理をかけないという考え方もありますので、自分に合ったプランを立ててください。可能であれば、早め早めに返していきたいと考える人も多いようです。

 

住宅ローンを利用する時は、返済時期も含めてシュミレーションで明確にしておくことです。